愛と笑い ゆえに

日記の内容は ほぼ氣志團*ほぼダウンタウン・・・時々*日常。で構成されてます あしからず(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

元気があれば何でもできる!


アントニオさんの名言で始まりました今日の日記

更新サボリまくりな1年でしたが、本年度ラストの日記でござる!
ニンニンッ☆〃 そしてあと1時間で今年も終わりです


今年は本当にいい1年でした

こういう風に思えるのって凄く凄く久しぶりのことで
何だかとても嬉しいです

『いい年』と言っても何もいい事尽くめの年だったワケではなく 寧ろ
ここ数年と比べると、辛い思いや悲しい思いをたくさんした年でした

いっぱいいっぱい悩んだし
いっぱいいっぱい泣きました

でもその反面 楽しい事もありました
生きててよかった と、心底思える幸せな瞬間もありました

泣いた時間の方が遥かに多いけど(爆。
それでも今年はいい年だったと思えるのが幸せです

それからやっぱり私はMなんだなと認識した年でもありました(笑)
ここ数年 本当に本当に何もなかったから
いいことも特にない変わりに 嫌なことも何もなかったから

自分がどうしようもなく追い込まれたり嫌な事や悲しい事が続いたり
その中で自分がもがいてる時 痛みを感じてる時に
自分が生きてる事を凄く強く感じます。この変態が!


この日記でも散々書いてきましたが、今年は貝殻に閉じこもったりもしました

貝殻に閉じこもると自分の中の嫌な部分だけが浮き彫りにされます
今まで自分がしてきた事を非難したり、嘆いたり 
今の自分の全てを完全否定したり、何もかもが嫌になって

でも堕ちるところまで堕ちると後は浮上するしかなくて。
それはやっぱり自分次第で。

何とかしなくちゃと自分で自分を奮い立たせて

のらりくらりとそれを超えた時の快感といったら
言葉では表せないくらいの恍惚感です

変態でごめんね。

お陰さまで余計な事を考える余裕も持てない日々を過ごしております

正直言って体が悲鳴をあげとります(爆。
ストレス発散の仕方や気分転換の仕方は人それぞれで

私のやり方はこれしかなかった

忙しい年の瀬に体が悲鳴をあげ、心挫けそうになった時
とっても大切な事に気がつきました

私が今こうして忙しく働けることが出来るのは健康な体があってこそ

それに耐える事の出来る健康な体に産んでくれた両親に感謝しています
今更ながら今更だけどさ!

元気があればなんでもできる
と、アントニオが言っていたのは本当だね!

ありがとう。とうちゃん かあちゃん ありがとうな!


そんなわけで。
こんな私ではありますけど!皆様来年も何卒よろしくお願いいたします☆〃

皆様 良いお年を☆

スポンサーサイト

PageTop

改めてサぶイ

何だカンダと言いながらも万博DVDをちょいちょい観ている
るったんです☆うふ。

主にDISK2を観ているようで。
どーやら族がお気に入りだとか!マジかっこぇぇぇ!!
ダンサーっつーかフラッグ持ちの方たちがいるのはいつもの事だし
あんなのは全然オッケーですよ。
やっぱり2TOPのフリがびしびしと決まるとかっこいいですね。
まぁ。族に関してはフリと言っても『オレ!』のとこくらいなんだけど。

お丞様のお丞様的自己紹介を見て元気と癒しを感じたい時に
DISK1をかけます。その時についでと言っちゃぁなんだけど
雷電やらゴッスピやらキラキラを観るのですが

今日改めてサブイなーと思っちゃった!

やっぱり意味不明。あのダンサー。
冗談ぬきで不愉快極まりない。 いやマジで!
お陰で2TOPの踊りがきまらない。
雷電は正直言うと、綺麗だとは思ったけどよー あのでけー扇子みたいなのが!
でも派手過ぎて2人の踊りが掻き消されてしまってるじゃないのー
氣志團の曲の中で一番、硬派な曲に女性を入れるな 綺麗にみせるな
男臭プンプンさせてくれよ

ゴッスピもいらん!
100歩譲ってダンサーいたとしてもずっと後方で踊ってろ
前に出てくんな!しかも、ほんと意味不明だし。

コンセプトは何?何目的??

キラキラもそう!
名曲を台無しにする演出。
なぁぁぁぁんにも。なんにも伝わってこねーキラキラなんてキラキラじゃない

あぁ。キラキラ@武道館を観た時はほんとにしびれたっけ!サビ部分で
『氣志團』の刺繍を背中に背負ってキラキラを歌う團長に
その横でステップを踏むダンスの人に
その2人の背中と楽器隊の演奏だけで心底しびれたっけ!

GIGを重ねるゴトに味が薄れていくのって どーなのこれ・・。

はしゃぎ過ぎて『やったな』的な事が多々あって でも
それが氣志團でそんなとこが好きだったりするけど

この3曲こそが『やったな』だったよ。
ほんとサブイ。

友達に言われるまで気がつかなかったけど
『花嫁どこだ』言ってなかったようで。
もーぅ あの舞台演出に寒気がしてそこまで気が回らなかった(笑)


それにしてもハッパ隊はいいね!
あんなにいい曲だとは知らずにいたよ
そしてぴかるさんんの裸体を久々に拝みました
何だかテンソン低くてぴかるさんの裸体チェックさえも忘れてた~

相も変わらず私好みの・私好みの・ぴかるさんの裸体~
一時停止してニヤけてました。変態の血が騒ぎます

やっぱりダンス&スクリーミングの彼がとても好きです
今回はあまり彼のダンスを堪能出来ませんが
彼のダンスというか2TOPキメのダンス
多すぎるダンサーのおかげさまをもちまして
いまいち堪能出来なかったのが残念でなりません

ダンサーのいない黒い太陽でもイマイチわかり辛い感じだったなぁ。。。

OPの登場はかっこよかったです。
あんなのみせられた日にはイチコロですよ。
もっとみたかったー。


それから勇気のハモリもよかった ってか勇気よかった!
ダンサーいないし。学ランだし。
前の日記にも書いたけど、CDで聴くとイマイチだと思う曲でも
こうしてGIG映像を観ると好きになってしまうのって
氣志團らしくていいなぁと思う

変な小細工しなくても
6人の妖精タチのパフォーマンスだけで私達はイチコロなのだよ☆

次のGIGはいつだろー。
10周年を記念して意気込んでいた割には
シングル1曲・DVD1枚の発売とGIG2本・オフ会
アルバム・ツアーなしと散々な1年でしたけど(皮肉たっぷりに。)

それでもやっぱりGIGに行きたいよ
なんやかんや文句ばっかり言ってるけどGIGに行きたいんだよ

PageTop

あの人のカウントに心救われる

氣志團万博 一通り観終わりました


念願だった大好きなルシファも聴けて
滅多にお目にかかれない330でマニマニボイスを堪能できて
6人全員の愉快な仲間達も聴けて

なのに何だかしっくり来ない。


感想は少し辛いので心苦しいけど!
DVDを観終わった感想を正直に書いてやろうと思います。

つづきを表示

PageTop

このマシンひとつでどこまでも遠くへ~

ずっとずっと逢いたかったんだ おまえらに!


無事、初GIGを体験した学園ツアーが終わった時
何の疑いもなしにDVD化されて、またアイツラに逢えると勝手に思い込んでいたので
DVD化されないと知った時は 撃沈でした

その後に控えている万博もオフ会in彼方も参加できないから
せめて 嗚呼 せめて!ブラウン管の向こうで動く
妖精タチに逢いたかったよ!

そんなワケで氣志團万博DVDが発売される12月20日を
心待ちにしてた・・・


筈だったな(笑)



去年ネバエンDVDが発売されましたのも12月でしたね
あの頃の私ときたら何日も前から予約して、発売日をまだか!まだか!と夢にまで見る程に 震えて待っていたっけな!


今年のこのテンソンの低さは何なんだ??笑

家の近くのお友達の働くCDショップに、予約しに行こうと
何度も思うのに面倒臭くて忙しくてなかなか行けず。
家から遠いのならいざ知らず、車ですぐ着いちゃう所なのに
やっぱり面倒臭かったのかいろいろ忙しかったボクですた 

という事にしておいてください。

とりあえず18日の日にやっと、お昼休みを利用してCDショップへと足を運びました
DVDは1日前に入荷すると前に聞いていたので
ここまできたら別に予約する必要もないよなー。。と思いつつ
お友達の顔見がてら・・ということで。

お友達と顔を合わせるのも久しぶり!


私『○○ちゃーん!げん・・・』

友『氣志團でしょ?入荷してるよー』


元気?久しぶり!って言う前に・・・。


っていうか2日前なのにもう入荷??と思ったら
その日は18日ではなく19日でした。
日にちもわからくなるなんて!うんうん。やっぱり忙しくて今まで予約しに来られなかったんだ!

日にちを間違えていたので当然、その日は買おうという気でお店に向ったわけではないので
ちょっと不意をつかれた感じでした。明日逢えると思っていたのが、たった1日早くなっただけなのに
何だか嬉しい。嬉しい不意うち。

レジでお友達と雑談しながら会計をしようと財布をあけたら


所持金 500円・・・・・。


日にちを間違ってたからね!
今日、DVDを買う予定じゃなかったからね!
クレジットカードも持ってなくって焦っちゃったわ!(汗。
TSUTAYAのカードにクレジットがついていたので
何とかそれでご清算  セーフ(笑)


クレジットカードは本当に便利です。
いやー。便利な世の中になったものです。
クレジットでぶーが遅かった為、クレジットカードの便利さに
今更ながら感心しております。


帰って来てからちょっとだけDVDを観ましたが。
その日は12時に来客があり断念。前の職場の後輩が遊びに来て
久しぶりに逢ったので相も変わらずアフォトークに花が咲きました
彼女が帰ったあと、何とかルシファだけでも観ようとDISK2をデッキに入れて
探そうとしたところで

オチてしまいました。

当たり前だ。もう3時を過んでたんだから!
翌朝(と言ってもその5時間後)すぐさまルシファを探しました
嗚呼!ルシファーズハンマー’94!
本当に本当に本当に死ぬ程大好きな曲ですもの。
支度をしながらずっとリピートですよ。

生ルシファは前回の万博DVDでしか観たこと・聴いた事がないので
もの凄く楽しみにしていました。
そして。しつこい様ですが本当に大好きな曲ですから。
前回と今回のルシファを比べて明らかに違うのは、團長の声でしょうか
前回のルシファでは團長の声がとっても切ない事になっています。
今回はどうでしょう。ちゃんと出ているではないですか。

なのに前回のルシファの方が好き☆と思うのは何でなのでしょう・・。えへ

何だか全体的に私がイメージするルシファと違う感じがしました
團長の声だけじゃなくてギターの質とか・・。
質???(笑)
専門的な事は全くわからないので、ここから先はノーコメントです(爆。

ルシファって他の曲と違って万博2003のDVDでしか聴いた事がないから
どうしてもCDでの音質が頭に残ってしまってるせいかもしんない
それにほら。ルシファに限っては本当にバカのひとつ覚えみたいに
何万回と聴いてるから。CDの音質に慣れてしまった私の脳は
生演奏に対応しきれなかったのかもしんない!

でも前回の万博のルシファは、違和感がなく聴けるんだけどなぁ。。。

とか何とか言いながら、昨日も今日もルシファから進みません(笑)
昨日は忘年会だったので帰りも遅かったし
寝る前に観よう~と思ったけどやっぱりルシファを聴いちゃって

で、そのまま寝ちゃって。

今日こそは観ます。観ますとも!
でも実は、DVDを目の前にしてもいまいちテンソンが上がらないのが事実です(笑)
本当に観たかったら、何とかして観るでしょう。

あくまでも私の場合だけど。
私は観たかったら寝不足になろうとも観る人間です
それが例え一度ならずニ度観たものであろうとも。
私はそういう人間です。
思い起こせば去年のネバエンDVDの時がそうでした
深夜12時から、翔ちゃんボクもう限界になるまで観てました

今回のDVD
観るのが楽しみな反面、怖い気持ちがあるらしい。
DISK2でルシファを探してる時にたまたまワンナイを見つけました

あの衣装で歌うワンナイに違和感を感じたり。
さっきも書いた通りルシファに違和感を感じたり。

違う意味でドキドキだぜ☆

ただひとつだけホッとしたのはお丞のカウント
お丞のカウントが耳に飛び込んできた時、なぜか無性にホッとしました

ああ。氣志團だ。って思ったよ。


あ。そーいえば今日は
TSUTAYAで得意のつっつん(堤真一)を借りて来ちゃったんだ!
もう何週連続でつっつんを観続けているでしょうか・・・。うふ☆
今日は恋ノチカラを観たかったの!
何やかんや言うて!ぬっくん役のつっつんがいっちゃんカッコええ!!
ぬっくんに逢いたかったのに!(ノットぬくみず。)
1件目のTSUTAYAでは全巻レンタル中
ぶぅたれながら2件目のTSUTAYAに行ったら1巻~3巻までレンタル中

毎週のようにTSUTAYAに行ってるけどさー
ここ最近ではずっとレンタルされてなかったのにー!
2件ともレンタルされてるなんて、ついてねーの!
仕方がないから4巻だけ借りてきた。3巻が観たかったのになぁ。。。

しかも会計してる時に急にトイレに行きたくなって
でもその素振りを見せると恥ずかしいから何とか耐えて
会計を終えたあと小走りで階段を下りてトイレに向ったら


掃除中


ついてない時って ほんと 何もかもがついてねーな!


軽くつっつん観てから妖精タチに逢いにゆきます(予定。)

PageTop

ドラゴンボイスに心が揺れる

私の車は常に妖精タチの音楽が流れています

愛羅武勇はあまり好きなアルバムではないので
1st~3rdアルバムまで、お好みのローテーションで聴いています

ローテーションっていうか、1stが一番多いけど
1stが一番多いっていうか、ルシファばっかりかかってるけど

札幌に行くにあたってとりあえず、このMDも鞄につめこみました
帰ってきて鞄からMDを取り出したけど、車に持っていくのをずっと忘れていて

・・・・・。あんな事もあったし(爆。

正直に言うと、車に乗るたびにしっくりこねーんだ
この1年半、ドライビン’のお供は妖精タチの音楽と

ドラゴンボイスだったんだ! きーーー!!

今日は仕事から帰って来てからお部屋でMDを聴きました。
今日はとっても寒くて、私のお部屋も全然温かくならないので
MDを聴きながら踊りました。

やっぱりドラゴンボイスはいいです。
腹が立つ程 いいです。

歌はうまけりゃいーってもんじゃねぃ というのを
彼から教わったようなもんでした。 そういえば。

聴いてる人の心にどう届くかが重要なのだな

やっぱり私は氣志團の音楽に、團長のドラゴンボイスに心底惚れたのだと思いました

ただこの先、発売される曲に対してそう思えるかどうかは
自分でもわからないところですが。

そーいえば、THEアイシテルは全く駄目でした。
今更なお話しだな!

私の大好きなベース音が聴こえてこねーじゃねーか
っていうか、クレイジー松がTKみたいになってるじゃねーか
全体的に機械的な音、お丞様のドラミングもよくわかんねーじゃねーか

あんなの私が心底惚れた氣志團の音じゃなかったよー
うわーーーーーん(涙。涙。涙。

あの曲を自信満々でキッシーズに捧げた時点で
團長はやっぱりおかしかったんだ!と、思ってしまってごめん。

この先、どんな音楽をキッシーズにプレゼントしてくれるのでしょう。。

あぁ。完全版に収録されている原宿暴動が観たい。
あのDVDが一番好きです。

だって皆 すっげーはりきってんだもん
すっげー勢いがあって すっげー荒削りで
でもすっげーカッコいいんだもん

過去の映像やアルバムは何の心の曇りもなしに観る事が出来ます
今のところは とりあえず。

でもそれすら不可能になってしまったキッシーズもいると思うのです
それを思うと何とも切ないのでした。

PageTop

あいつが夫になることの意味

遅ればせながら
氣志團の誇り高き團長の結婚について書かせてもらうぜ

万博にもオフ会にも参戦してない
っていうか、GIG経験だってたった一度のシンマイキッシーズだけども!

それでもあの妖精タチの音楽に心底シビレタのは揺るぎない事実で。
たった一度のあのGIGの夜だって一生忘れられない夜なわけで。

氣志團の綾小路翔ではなく、彼の友人だというOZMAの方で
結婚報道が流れた時は思わず笑ってしまいました。
CD売り上げ・知名度までも友人の方が上だってことかよ!
それに元ネタがゲンダイだったので余計に笑えた

だって。私が今までヤジウマ根性で見て来たゲンダイのネタって
明らかにガセだとわかるようなネタばっかりだったから。

友達から『團長の結婚の噂が出てる!』と悲痛なメールが来た時も
『あー。ゲンダイの記事だから大丈夫だよ!』と励ましたつもりが・・・。

ただのしったかぶりヤロウになってしまいました(涙。

12月8日のあやのこブログをみたリアル友からメールが来て
急いでチェックしたら團長の結婚報告。しかもアホみたいにうかれやがってる

正直、すぐには感想が出て来ませんでした。

あとから あとから じんわりと感情が沸いてきた感じです。

祝福したい気持ちと 團長に対しての嫌悪感

つづきを表示

PageTop

セカンド*バージン@Zepp札幌


今年の初春にGIGバージンを妖精タチに捧げたことは
このブログでも何度も何度も うざい程に喋ってきますた
無事、初夜を終えたあと

次のGIGは一箇所と言わず、行けそうな場所は何処へでも行ってやる!

この単車(マシン)ひとつで どこまでも遠くへ行ってやる!

と、決意を新たにしたものでした。
(※原付免許しかないけどね。)

ところが泣きたいくらいに貧乏だった(・・・現在も進行中ですが)あたしは
万博なんて・・・オフ会なんてとんでもねーぃ!

そんな状態で。日々、悶々と過ごしておりました
貝殻に閉じこもっていた理由は、コレもひとつだったなぁ!

オズマは決して嫌いではないけど、ライブに行きたい程の好きさ加減でもなく。
でも、貝殻脱出計画にはモッテコイ~♪恋☆〃的なイベントでした

貝殻から急に身辺が慌しくなって、一般発売日を一週間ほど過ぎた頃
ダメ元でWESSのHPを覗いてみたら

絶賛発売中

何かと話題のおずまっくすだから。
リーゼントに学ランの人タチとは違うから(失礼。)
発売と同時に売り切れるだろーと勝手に予想していたよ。

まさに 勝手な予想だったようで(爆。

一般発売日を大分過ぎた頃、深夜のTVCMでもまだ

絶賛発売中

と、謳われていました

更に、ライブ2日前にもWESSのHPを見てみたら

絶賛発売中


いい加減しつこいな。

案の定 当日券が売られていました。

それにしても初ZEPP!噂のスタンディング!

会場に入る前のあの時間をどーにかすることは出来ないのかちら・・・。

ロッカーはお外。
あの日の札幌のお天気!気温!

ジョーダンじゃないぜーーーーぃ!!


皆さん凄いのね。。。タンクトップ一枚であの寒空の中(寒空どころじゃねー。) 並んでらっさるの・・・。
あたしは整理券番号が一番最後の方だったので、ずぅぅっとロッカーの所で僅かながらも寒さを凌いでいたよ、ロンリーで(涙。

最後の番号の列がきた時、割り込ませてもらったよ。ごめんね!

あまりの寒さに緩みっぱなしになってしまったボクの膀胱
入場してすぐにお手洗いへ駆け込みますた。

至福の時・・・・。

用をすませるとすぐ会場への入り口が。
もちろん迷わずにその扉から入りますよ。入ると、割と皆さん後ろの方でくつろいでらっしゃったので


!!!! 前に行けそう!!!


端っこから人と人の隙間をぬって、結構前の位置を確保!
こんなに前で見られるとは思ってなかったので
ひとりで感情を殺しながらも地味に興奮。

早く始まらないかな~・・・・と思った時に気付いたあたしの場所


あ・・・。こっち、夜王側だった・・・・・。

周りを見渡すと結構な人。
今からまた戻って、PANCHO側に行っても前は無理かちら・・・。
勝手に判断を下してそのままみることに (弱い。)

ライブが始まってみると やっぱり常にバッチリ見える夜王

う・・・嬉しくない(爆。

以下、セカンド*バージンライブの感想です。
(※たいしたことは書いてねーよ。)


つづきを表示

PageTop

札幌漫遊記

どーもーぅ!
またしても呼ばれてないのにジャジャジャジャーンしますた。

夏に傷心に浸り 秋には貝殻に閉じこもり 冬に解放的になったボクは
今までとうって変わって、なかなかに バタバタ走るよバタ子さん!的な毎日を過ごしておりました。  

お蔭様で!!(*≧∀≦)〃

アイツへのあてつけで始めた 某ソーシャルネットワーキングサイトで
徒然なる日記を時々は書いていましたが
やっぱり両立できる程、器用ではありませんでした。

何やっても中途半端でごめん!

11月から昼の仕事の他にアルバイトを始めました。
ここがまたヤングな職場で、それは採用になる前からわかってはいたんだけど

それにしてもヤング過ぎて。
おばちゃん 馴染めなくって。
仕事もなかなか覚えられねーし。
せくーすもあまり知らないようなワカゾーから叱られるし。

心身共にぐたーりしていたけども!
人生日々勉強です。ワカゾーにあーでもねーぃ こーでもねーぃと
言われれば言われるほど、もえてしまうのはやっぱり、タイプMのあたしでした。

夜のバイトが決まった途端に、職場(昼の部)の一緒に働いていた子が休職→退職。。と、急に慌しくなったりして

今までの貝殻生活が本当に嘘のようですた。

貝殻から脱出する計画のうちのひとつだった


幸せミソジ前記念*ひとり旅@札幌


今年を締めくくる大イベントも無事終了!
元々、旅行好きのあんちくちょぅではないのですが
前職では1年に一度社員旅行がありましたし、仕事が忙しくないシーズンには
市内の温泉旅館にお泊りし、リフレッシュしたものでした が

今の職場に勤めてからの3年 何処にも・・・ええ!何処にも!旅に出ていないと貝殻の中で気付いてしまい
それも貝殻に閉じこもってしまった要因のひとつだと思い
このイベントを企画した所存でござる。ニンッニンッ!!

12月10日のオズマライブついでの2泊3日のひとり旅
旅行の手配をしたこともなければ、ひとりで汽車に乗ったこともない
不安だらけの旅でしたが、全てスムーズに終了しますた☆
たまたま12月9日土曜日 お仕事が臨時でお休みになったので
前のティーレポートして2泊3日で楽しんできますた。

長い間、お買い物を我慢し続けたボクはここぞとばかりにお買い物しまくりました

それにしても札幌は凄かった・・・。
買い物の為だけに札幌へと足を運ぶお友達の心境がわからなかったけど
あの日 あの時 あの場所で!やっとわかった気がしたよ!

お買い物には時間をかけないこのあたしだのに
4時間もお買い物に時間を費やしてしまったもの!
あまりにもお店の数が多すぎてよー 噂には聞いてたけれど本当にびっくりした

下着も暫く購入してなくていい加減、のびのびたなモノばっかりだったので
札幌で購入しました。(着替えの下着は持ってもいかなかったもの!)

情熱の赤☆

赤い下着ってもの凄く大好きなんだけど、ちょっとドス黒いような
深紅の赤!みたいな赤じゃななきゃ嫌で
でもそういうのってあんまりお目にかけることがなくって でも
札幌で綺麗な赤色の下着に出逢う事が出来ますた☆

もう 黒の下着は卒業です
昔から下着は黒ばかりだったのですが、あまりよくないと聞いたし
別に洗脳されてるワケじゃないけど、何だか頷けるお話しだし

逆に赤はいいような事をよく耳にします。
元々、好きな色だから迷わずこれからは赤でゆくぜ!!

下着で淡い色はつけたことがありません。
パステルカラーとか、そういうのは好みではありません。

てへ☆

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。